宅配水 ウォーターサーバー ランニングコスト

宅配水の購入やウォーターサーバーのレンタルで気をつけること

宅配水の購入やウォーターサーバーのレンタルを導入する場合、「無料お試し」などのキャンペーンに目が行きますが、やはり注意すべきはランニングコスト。宅配水そのものの価格とサーバーのレンタル費、メンテナンス費、電気代などを合計するとどういう結果になるのでしょう。当サイトのランキングを是非参考にしてください。

宅配水の水の料金+サーバーレンタル費で選んだランキング

宅配水の料金は大人2人で48リットル消費、という条件で計算しています。

ランク ブランド 宅配水の料金+サーバーリース料+メンテナンス費
(合計金額以外に電気代がかかります)
当該サイト
アルピナウォーター
アルピナウォーター
1ヶ月合計 4,580円
水の料金=3,980円 レンタル料=600円
メンテナンスフリー 合計 4,580円
●水代=3ガロン約11.4Lボトル=1本995円
●リース代=600円/1ヶ月●電気代=電気ポットの半分/1ヶ月
クリスタルクララ
1ヶ月合計 5,478円
水の料金=5,040円 レンタル無料
メンテナンス費=約438円 合計 5,478円
●12Lボトル=1本1,260円:税込・送料込
●レンタル料=無料●電気代=約1000円/1ヶ月●メンテナンス=5250円/1年
アクアクララ
1ヶ月合計 6,090円
水の料金=5,040円 レンタル費=1,050円 合計 6,090円
●水=12Lボトル:1本1,260円●レンタル料=1050円/1ヶ月●電気代=約1000円/1ヶ月
クリスタルクリアウォーターズ
水
1ヶ月合計 6,090円
水の料金=5,040円 レンタル費=1,050円 合計 6,090円
●水=3ガロン約11.4Lボトル=1本1,260円 ●レンタル料=1050円/1ヶ月●電気代=約1000円/1ヶ月

ウォーターサーバー購入後の大きなメリット

ウォーターサーバーが今、大人気です。
なぜかというと、こんなメリットがあるから…

1: 毎日、ミネラルウォーターなどのペットボトルをこまごまと買う手間が不要になる
2: 水はまとめて買うことになるので、結局、水そのものの。
3: 温水も冷水も出てくるので湯沸かし保温ポットも不要
4: 冷蔵庫の中のペットボトルもなくなる
5: ウォーターサーバーの電気代と湯沸かし器・冷蔵庫などの電気代を比べると、経済的だったりする。

こうしてみると、デメリットを探すのが難しいほどのメリットだらけのようです。
今後とも人気はさらに高まりそうですね。

宅配水&レンタルウォーターサーバー比較一覧

ウォーターサーバー購入ガイドリンク